1月も安い!マイケルが格安 2018年度 ポーター

ビジネススクールの参考文献であったために購入しました。ビジネスでの成功への道しるべそしてその継続への指標のひとつとして論理的に書かれていてこれから時間はかかりそうですが何度か読み返して理解していきたいなと思っています。この本は、マーケティング携わるお仕事をされる方に、入社当時に読んで欲しい本かな。

コスパがいい♪

2018年01月09日 ランキング上位商品↑

マイケル ポーター競争の戦略 新訂 [ マイケル・E.ポーター ]

詳しくはこちら b y 楽 天

高度というより!基本を駆使する自頭力を学ぶのによいかと。戦略本を買うならこの一冊です。出版から20年以上経現在になっても経営の本質は変わらない。洋版を読んでいて理解しきれなかった内容がクリアになりました。この本で基本から学び!競争相手の分析や今後の戦略に活かしていけると思います。著者が研究の成果をまとめ!本著を出版しようとしていた頃!米国は自動車や家電をはじめとする!様々な日本製品貿易赤字に苦しんでいました。。ワタミさんのところでは!この本を読ませているそうです。期待を込めて★5にしました。ただ内容が難しく、1,2度読んだだけでは理解が難しいらしい。いつか読みたいと思っていた名著。本屋で見て少し立ち読みしたことはあるのですが、渡邊さんも言っているとおり、かなり何度も読み返しが必要な本かなと思います。基本の確認と頭の体操におすすめです。大手企業の人たちって、こういう本読んで学習会とかしてるんですね。教科書/参考書として使っています。ネット時代に読んでも!投資した価値は十分にあると思いました。でもちょっと高いよね。マーケティングの仕事をしていますが!競合他社との価格競争や戦略に負けており!苦悩の日々を送っています。なかなか 買いには 行けないものです。自分のものにしたい。そう思わせてくれる本でした。当時日本国民は、米国製品は品質が悪い、米国企業はマーケットを見ていないと揶揄し、時の日本の総理大臣は、「日本国民は米国製品を一人一万円分買ってあげましょう」と、テレビで得意気に演説していました。これから戦略思考を学び無知な私にはなかなか読み込めないものです。若い頃の自分は「キリギリス」であったと思い知らされました。古いという方もいますが、基本あっての応用。じっくり噛み締めて読ませていただきました。私も入社当時にこの本を読んでいれば!今がかなり違っていたのでは…と思います。そもそもマーケティングや競争とな何なのかすらわからない状態で!競合のやっていることを見て頭をかかえているような感じだったのですが!そもそもの原理原則がわかっていないために何をすればいいのかわからなかったんですよね。検索すると「競争の戦略」をもっと噛み砕いて読みやすくした本も出版されているようですが!やはり難しくても基本のこれを読破したい。上司の依頼で購入。彼がどの様に変わるのかが楽しみです。以前持っていたのですが、貸したままどこかえ行ってしまったので再購入。渡邉美樹さんの会社「和民」の社員研修で使用しているとの話しで購入。!! 有難う御座いました。高額なのでなかなか購入に勇気もいりますが(笑)辞書だと思えば安いんじゃないでしょうか。 ビジネススクール通学をきっかけに、本著に出会いましたが、その時の衝撃は今も忘れることが出来ません。 その後!日本が「バブル景気」を謳歌していたころ!米国は後に経営戦略のバイブルと呼ばれるこの「競争戦略」で!企業と国家の競争力を着々と鍛えていたのでした。しかし事例集と一緒に読んでいくことでわかる部分もありますが、やはり文面が難しいです。注文から商品が手に届くまでが とても早く 本屋に行くより 良いと思いました。書いてあることは基本なのでしょうが、基本を応用するだけでもこの内容。参考書も買ってしまいました。手元に持っていて間違いない本です。この本は結構なお値段でしたが、今回ポイントマラソン&初注文ポイント還元でお得に購入できたのでほんとによかったです(^^)gこれからどんどんと読み込んでいって、ビジネスもですが、人生の勉強にも活用していきたいと思います。 ポーターの名を知らない若い部下に読んでもらおうと購入しました。実はまだ読んでないが!これから読みます。一度読みましたが!理解を深める為に繰り返し読みたいです。私には、少し難しい本でした。ほかにも同類の物はありますが、これがど定番です。NHKで以前放送していた元「和民」会長で今回の東京都知事選でもご存知の渡邊美樹さんの特集を見てから大ファンになり!渡邊さんの愛読書として紹介されていたこちらの本を知りました。下手な関連本よりも、マイケル・ポーター教授のド定番本をお薦めします。マネジメントには必要なようで、参考書として利用するようです。そう考えるのです。自分では読んでいません。これはメジャーな戦略基礎の1つなので勉強している方にはお勧めです。まだ最後まで読んでいませんが、今まで読んだどんなビジネス書よりも全体を捉えたとてもわかりやすい本です。書体のかんじとかが若干時代を感じさせますが…本のサイズを新書くらいに小さくしてくれたら助かるのに…。今となっては定番の内容です。